ホーム>NEWS & BLOG>2020年2月

2020年2月

ゲレンデライフ

 

こんにちは、パルコ店スタッフです(´∀`)

 

時間は本当に早いもので

今年の冬も終わりつつあります

温暖化の影響か

例年に比べ、暖かい冬でしたよね( ・∇・)

 

個人的に、冬はあまり好きじゃありませんが

今年は少し物足りなさを感じます

 

 

そこで、冬をエンジョイすべく

つい先日、大分県の九重で

日帰りスノボーをしてきました!

 

人生で初めてのスノボーです!

興奮のせいか、緊張のためか

眠れなかった前日(_ _).。o○

 

学生の頃から

イベントの前日は、なかなか寝付けないんです。

 

上司と喧嘩して

次の日に謝りに行かなくてはいけない夜...

そんな夜はギンギンでございます。

 

 

そんなこんなで当日

まず、行きの山道は地獄でした。。

凍った斜面のせいで

雪に突っ込んだ車がちらほら

 

最初はみんなで不安がりましたが

事故車の数は想像以上!

 

慣れって怖いですね、

最後は誰一人言葉を発さず

不安を隠そうと、見て見ぬ振り(T ^ T)

 

そろそろ私たちの番かと、自然の脅威に怯えながらも

死との狭間をなんとか潜り抜け

ついにゲレンデに到着です!!

 

不安から開放された反動か、

待ってましたと言わんばかりに

雪山へ駆け出します!

 

オールレンタル装備を身に纏い

まずは麓のファミリーコースへ出陣!

 

最後は1番上から滑れるかな?

なんて考えながら、人生初滑りです!

 

2020224185130.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

(↑↑興奮のあまり、いきなり雪だるまを作る)

 

 

スケボーやってるからって

考えがあまかったです。

 

スイスイいけると思いきや

「あぁ〜」って嘆きながら

滑るというより、流れる。

立っているのがやっとで、直進あるのみ状態です。

とりあえず、習った通りに一旦コケます。

 

いきなり、壁を体感した訳ですが、

それでも間髪いれずに滑り続け

翌日、立ち上がれない程の筋肉痛。。

 

それだけ夢中になれたってことでしょうか

それとも、日頃の運動不足でしょうか

 

でも楽しかったから絶対また行きたい!

次はボードもウェアーも買って

いい格好でいい滑降(かっこう)

できればと思います!

2020224183411.jpeg

 

イチゴ尽くしのイチゴ三昧!

 

みなさんこんにちは(^ ^)

 

ただいま期間限定のイチゴメニュー

おかげさまで大好評いただいています!!

 

色、ツヤ、香りを見分け

新鮮で甘いイチゴを

これでもかと、ふんだんに使用しています

 

202021717643.jpeg

202021717834.jpeg

そんな丸くて真っ赤なイチゴ

おいしいのはもちろんですが、

忘れてはいけないのが

秘められた栄養素!

 

いちごの豊富なビタミンはさまざまな効果があり

まさに「美タミンC」の代表選手です

 

美肌効果、便秘解消、ストレス解消

疲労を予防したり、疲労回復の手助けなど

いいこと盛り沢山(´∀`)

 

さらにさらに

ビールの後にいちごを食べると

いちごの果糖がアルコールの分解途中にできる

アセトアルデヒドの分解を促進させるそうで...

 

なんだかよく分かりませんが

お酒好きにまでありがたい話

 

こんなに素晴らしくて

愛らしいイチゴを食べない手はありません

みなさまのお越し、心よりお待ちしてます٩( 'ω' )و

オーストラリア森林火災 復興支援活動

皆さんこんにちは!

 

私たちSHIROUZU COFFEEは

大規模なオーストラリア森林火災の復興支援を目的とした

チャリティープロジェクトに協賛し

利益の全額をWIRES オーストラリア動物保護団体に

義援金として寄付することをお知らせします

 

202024132915.jpeg

202024132945.jpeg

202024133013.jpeg

 

 

現在もオーストラリアでは

異常な高温と乾燥によって火災が発生しやすい状況が続おり

消火活動も難航しています

 

この森林火災の影響は、人々の生活だけではなく

動物たちにも甚大な被害をもたらしています

 

聞くところによると

既に約1,000万ヘクタールが焼け

火災の影響で、約2,000軒以上の家屋が全半壊し

亡くなった野生動物の推計値も、12億匹以上と言われているそうです

 

 

この地球の全ての命に関わる

決して他人事にはできない問題に

とても胸を締め付けられる思いです

 

私たちにできることは何か

この時代だからこそ一人一人が世界で起きていることをしっかりと把握し

国を越えて助け合える世界でありたいと、そう願うばかりです

 

 

非常にありがたいことに

既に多くのお客様からお問い合わせをいただいております

 

被災された皆様にはお悔やみ、お見舞い申し上げると共に

一刻も早い復興に向け

微力ながら全力でサポートを続けていきます

ページ上部へ